雛人形ありがとう!供養を込めて

娘が、昨年11月5日に脳幹グリオーマで永眠し、来月で4ヶ月経過します。

お雛様の季節ですね。

雛人形供養を込めて、セカンドライフに送りました。以前長男のランドセルを送った事があります。

ワクチン代などにも利用してもらえるようです。

詳細はこちらです。

https://www.ehaiki.jp/second/nagare.html

ご興味ある方はどうぞご覧ください。

 

18年前、実家の両親が美羽子のためにプレゼントしてくれた大切な雛人形

私は一緒に選べなかったので、リクエストとしては、「転勤が多いからコンパクトなものでお願いします」と伝えていました。

家に届き、お人形屋さんがテキパキと丁寧に飾りだした雛人形は、想像以上に大きくて、「これ、うちのですか?間違いではないですか?」と途中聞きたくなるくらいの大きさでした。

間違いはないようで、とても綺麗で嬉しい反面、人形収納木箱やダンボールなど大小合わせて6箱あり、収納スペースが…と思ってしまいました。

両親にお礼を兼ねて電話で大きさを確認したら、「同じ価格だったら、大きい方がよく見えて」という理由でした。

両親の気持ちもよく分かります。下の子の五月人形は一緒に選べて、コンパクトなものにしよう!と思っていたのですが、まあまあの大きさになってしまいました。

飾ってある状況と収納箱のイメージが購入する時は、もうすっかり念頭になく収納スペースが結構とられました。

これから購入する方には、収納箱のイメージも店員さんにお尋ねする事をおすすめしたいです。

そんな雛人形🎎

美羽子が、脳幹グリオーマになる前まで、多動だったころ、本当によく守ってくれていました。

いろいろな事件がありましたが、いつも無傷なみわみわなんです。

警察にも4〜5回お世話になりました。

家から1人でおでかけして、あっという間にいなくなるという事がありました。

「あっ外にいる!」と思って、美羽ちゃんのいた場所まで行ったらもういなくて、警察に捜してもらった事があります。

もしも万が一、誘拐されていた場合、犯人から電話がかかってきた時の電話の取りかた、セリフを教えてもらったり。盲導犬をだして捜してくれたり。

結局、すぐ近くの校区の体育館にいて、夜バレーボールの練習をしていた大人が、女の子の存在に気づき、警察に電話連絡をしてくれたそうです。

警察からは「お嬢さんらしい子がいます、どんな服を着ていたか、おぼえていますか?」

と尋ねられていました。

答えられましたが、虐待の有無もなんとなく調査されているのかな?と感じました。

 

一番ヒヤリとした事件は、家族中寝ている夜中に、美羽子1人でかけていた事でした。

中学生の頃でした。

夜中の0時から4時の間に出かけていたのです。主人が0時過ぎにねて、5時前には目が覚めていました。母は、6時前に起き美羽ちゃんがいないことに気がつきました。

そこから警察に電話しながら、家の周りを歩きながら捜しても見つからず。

車で、捜しながら警察署にむかいました。

途中警察とのやり取りで、美羽ちゃんの目撃情報をいただき、やっぱり、駅の方に行ったんだ!という事が分かりました。

その頃は、毎週末、朝夕時間がある時は夫と家から駅までよく歩いていました。

また、毎週日曜日11時から14時の間は、ヘルパーさんと行動援護で駅まで歩いて行っていました。

だから、道もおぼえているし、30分ほど時間はかかりますが、歩いて行けたんだと思います。

私たち夫婦が警察署につき、警察官に事情聴取を受けていたら、6時半頃になりました。

「もしかしたら、みわみわ家に帰ってるかも!」と思い、主人だけ、先に家に戻りました。

予感的中、マンション1階のコインランドリーの椅子に座って、外を眺めてるみわみわがいました。

公共バスの始発もない時間なので、歩いて帰ってきたのです。

他にも街から1人でバスに乗って、バスを乗り間違えて、最後まで乗っていたのでバスの運転手さんのお世話になった事もあります。

いろんな方に助けてもらいました。

多動で目が離せないのに、いつも無傷なみわみわでした。

夜中に1人ででていかないように、鍵だけでなく、番号付きの自転車の鍵なども使って番号解除しないと絶対に開けられないように対策をしました。

この辺は、認知症で徘徊のある方と共通することなのかなあと感じました。

自分で歩けることは嬉しいけど、逆に目が離せない…というところです。

 

あの頃は大変だったけど、もういないと思うとやっぱり寂しい…気持ちが急に込み上げてくる時があります。

昨日は夫が朝5時に目が覚めて、また寝ようかと思ったけど、リビングの電気がついていて、みわみわに起こされた気がして、そのまま起きてランニングへ。「みわみわのことを思い出して、走りながら涙がでてきた」と帰ってきた夫が、泣きながら話してくれました。

昼間、母1人で街までウォーキング。帰りはバスで帰りました。

夕方、仕事から帰った夫と2人で近所をウォーキング。

偶然お世話になっていたヘルパーさんにお会いでき、嬉しかったです。

昨日1日、美羽ちゃんが一緒だったような、みわみわルーティンだなあと感じました。

朝も昼も夕方も美羽ちゃんが元気な時にしていたことだなあと…

姿は見えないけど…

このブログを投稿しながら娘を想う事ができて、感謝です。

 

読んでいただきありがとうございます。

 

桃の花を飾ってみました。

f:id:ichigomiwa:20210222142359j:image